プリリジーの特徴について

プリリンジーとは、世界初の医療用PE(早漏)治療薬です。
日本ではまだ未認可ですが、スウェーデンやフィンランド、スペイン、ポルトガル、ドイツ、オーストリア、イタリア、ニュージーランド、シンガポール、韓国などでは認可されており、今後も認可される国は増えていくといわれています。
性行為の前に内服することにより、早漏克服をして、射精までの時間を延長することが可能となります。

ここではプリリジーの特徴について、ご紹介します。
プリリジーは、短時間作用型のSSRI(セロトニン再取り込阻害薬)という薬に分類されます。
大がかりな臨床実験によって、PE(早漏)改善効果が証明されており、ED治療におけるバイアグラのように、PE治療の革命児的な早漏克服のための薬です。
前述しましたように、現在世界10か国以上の国で認可され、数百万人のPE(早漏)患者に使用されています。
日本では未認可ながら、すでにその効果や安全性は確率しています。
プリリジーを内服することにより、射精までの時間を延長し、パートナーとのタイミングの不一致を調整することにより、性行為の満足度を上昇させます。

プリリジーの副作用については、いくつか確認されてはいますが、決して頻度は高いとはいえず、1%~10%未満と報告されています。
副作用のおもなものとしては、頭痛やめまい、吐き気、下痢、不眠、疲労感などです。
プリリジーは、性行為の1~3時間前に服用してください。
30mgの場合には、1日に1錠の用量で服用しますが、薬効が不十分な場合には、1日に2錠までの服用が可能です。
内服は空腹時でも、食事と一緒にでも構わず、食事に影響を受けにくい薬とされています。
また、睡眠導入薬やアルコールとの併用は避けてください。

■男性の性のお悩みをダブルで解決
スーパーPフォースで納得の性生活