プリリジーを服用するならグレープフルーツに注意

プリリジーとは、世界で初めて開発された早漏症(PE)治療薬です。
世界の10カ国以上で認証され、数100万人以上の利用者がいる医薬品になります。
プリリジーは、性行為による射精までの時間を延長させる働きをします。
今回は、プリリジーを服用する際の注意事項について書いていきます。
プリリジーは、1日1回の服用が原則として決められています。
服用して効果が表れなかった場合などに、それ以上服用しようとすると、副作用が強く表れる可能性があります。
副作用は通常、めまい・頭痛・鼻づまりなど起こる場合がありますが、用法を守って服用していれば問題ありません。
また、飲み合わせや食べ合わせてはいけないものがあります。
持病などをお持ちの方で薬を服用している方に関しては、医師又は薬剤師の判断が必要になります。
食べ合わせてはいけないものは、グレープフルーツとそれを含む食料品です。
グレープフルーツに含まれる主成分と相互反応を起こして、強い副作用が起こる可能性があります。
その他の注意事項は、心臓疾患や肝機能障害などをお持ちの方は服用できません。
また、プリリジーは18歳以上の成人男性専用になっていますので、18歳未満の方の服用は禁止されています。