早漏を悪化させないためにもプリリジー

早漏の治療には外科的な治療と内科的治療があります。
最近注目されているのが、プリリジーという内服薬を用いた早漏治療です。
早漏を悪化させないために何とかしたいけれど、外科的治療には抵抗があるという人におすすめです。

プリリジーはヤンセン・シラグ社が開発した世界初の早漏症治療薬です。
欧州を中心に世界43ヶ国で認可され、高い効果と安全性を得ています。
ただし日本ではまだ未認可の薬のため、正規品を輸入しているクリニックで処方してもらうか、個人で輸入するしか方法がありません。
安全性のことも考えると、クリニックで処方してもらうことがベストです。

1回1錠を性行為の1~3時間前に服用します。
服用の注意点としては、次の服用まで24時間以上空けること、アルコールとの併用は副作用が強く出る可能性があるので控えるということです。
服用後1時間程で効果が現れ、その効果は3~5時間持続されます。
数千人を対象にした臨床実験の結果、射精までの時間をそれまでの3倍から4倍に延長させることが証明されています。
現在プリリジーの主な副作用として報告されているものは、頭痛やめまい、吐き気や下痢などの消化器症状です。
それほど深刻なものはありませんが、万が一ひどい症状が出た場合にはすぐに使用を中断し、医師による診断を受けることが必要です。