プリリジー情報サイト

こちらではプリリジーに対して詳しくお伝えします。今まで塗り薬などで早漏を改善していた方も、飲む早漏改善薬を使うことで気楽に改善ができます。

プリリジーとはどんなものかを考えている男性医師

交感神経系の働きを抑えるクスリ・プリリジー

プリリジーは、脳内のセロトニン濃度を高めることで交感神経系の働きを抑えるクスリです。
生まれつきセロトニンが少ない人だと、交感神経系の働きが優位になりすぎて早漏になってしまうことがあります。ED(勃起障害)の人からすると早漏の方がマシと言われることもありますが、早漏も難しい問題です。
早漏で困るのは、タイミングが早すぎてパートナーが満足出来ないことです。これによってカップルの間にタイミングの不一致が起こり、仲が悪くなってしまう危険性もあります。
早漏だからといって今すぐ治療が必要なわけではありませんが、慢性的な症状だと、常にパートナーに満足を与えられず、呆れられてしまうということもあります。それによって男としての自信を失い、うつ気味になってしまう恐れもあります。
外で風にあたりながら休んでいる男性プリリジーは、セロトニンの量を増やして性的刺激に強い脳にします。交感神経系の働きを抑えるクスリなので、リラックスして性行為に臨むことが出来ます。
プリリジー以外にも早漏防止のクスリはありますが、飲むタイプのクスリはプリリジーが基本です。
外用薬では、亀頭部に局所麻酔の効果を与えるタイプがあります。塗るかスプレーするか、などで種類が異なります。
早漏はEDに比べると症状が軽く見られてしまいがちですが、悩んでいる本人にとっては、心を痛める原因にもなります。
早漏がコンプレックスになって性行為の経験を積まないでいると、それが原因でEDになってしまうこともあります。早漏とEDは紙一重の病気です。
最近では患者の気持ちに配慮した医療機関が増えているので、恥ずかしがらずに早めに受診することが大切です。放っておいても治らないことがほとんどなので、まずは相談してみましょう。